痩せる方法

脂肪溶解注射なら自然に痩せることができます

自己流ダイエットではうまく痩せることができず、美容外科クリニックで痩身治療を受けるという選択をする人がいます。すぐに痩せたいと希望しているのであれば、即効性が期待できる脂肪吸引手術を受けるのが一番です。でも、周囲の人に美容外科の治療を受けていることを知られたくないと考えている場合には、脂肪溶解注射を打つようにした方がよいでしょう。脂肪吸引の手術を受けると体が大きなダメージを受けます。術後2〜3週間程度は痛みなどで悩まされることになりますので、仕事などを休まざるをえなくなります。でも、脂肪溶解注射であれば、さほど大きなダメージを受けませんので、仕事を休まずにやり過ごすことができます。また、痩身効果の出方が緩やかであるため、周囲の人に治療を受けていることを気づかれてしまう心配がありません。

脂肪吸引の仕上げとして注射を打つケースが増えてきました

脂肪吸引手術を受けると、その部位に再び脂肪がつくようなことはまずありません。一生モノの痩身効果を得ることができるというメリットはあるものの、他の部位との差異が目立ってしまい、かえって不格好になってしまう可能性があります。そのため、最近では、吸引する脂肪の量を最小限に抑え、術後の様子を見ながら、補助的に脂肪溶解注射を打つという方法を選択するケースが増えてきています。脂肪吸引手術を受ける人は、できるだけ大量の脂肪を吸引して欲しいと希望してしまいがちですが、美しいボディラインの実現を希望しているのであれば、あまり脂肪を吸引しすぎずに、脂肪溶解注射で少しずつ脂肪を落としていくという方法を選択する方が、失敗を避けられます。